キュキュットCLEAR泡スプレーはこんな使い方もできる!?

キュキュットCLEAR泡スプレー

食器用洗剤を泡状にスプレーできる「キュキュットCLEAR泡スプレー」

スポンジでは届かないところも、スプレーして流すだけでいいので便利ですよね。

 

わたしは、キッチン以外でもキュキュットCLEAR泡スプレーを使っています。

ということで今回は、キュキュットCLEAR泡スプレーの意外な使い方をご紹介したいと思います。

 

キュキュットCLEAR泡スプレー

キュキュットCLEAR泡スプレーは、スプレータイプの食器用洗剤。

泡状の洗剤をスプレーできるので、スポンジでは届かない溝や隙間、奥の汚れを落とすのに便利な商品です。

 

1本 300mlで、約375回スプレーできるんだそうです。

「グレープフルーツの香り」「オレンジの香り」「無香性」の3種類があります。

 

液性は中性、界面活性剤5%です。

2018年9月にリニューアルされ、洗浄力がパワーアップ。

新スプレーヘッドで、泡がより広い範囲に届くようになったそうです。

 

食器などに直接スプレーして、1分置いて流すだけで汚れが落ちる!

  • 水筒のフタや底に
  • ストローマグに
  • ティーポットの注ぎ口に
  • お弁当箱やお箸ケースに
  • ミキサーの刃に
  • 泡だて器の溝に
  • ペットの食器に

↑ こんな感じで使うのが便利みたいですね。

 

わたしもマイボトルを洗うときに毎回使っていました。

「グレープフルーツの香り」を使っていたのですが、なんとなく香りが残る感じがして「無香性」に変えました。

それからはずっと無香性を使っています。

 

キュキュットCLEAR泡スプレーの意外な使い方

マイボトルを使わなくなったとき、泡スプレーの出番もとんとなくなりました。

残っている泡スプレーを有効活用しようと思いついた方法をご紹介します。

ワイシャツの襟汚れを落とす

わが家では夫が毎日ワイシャツを着て出勤しています。

ワイシャツの襟汚れは、普通に洗濯してもキレイに落ちなくてホント困ります。

でも毎回漂白したり、ゴシゴシこすったりするようなことは面倒なので絶対イヤです!

手間がかからなくて簡単な方法で襟汚れを落としたいんです。

 

襟汚れは「皮脂」が原因。

皮脂は油なので、頑固な油汚れを落とすために作られた食器用洗剤はぴったりなんだということを知りました。

 

通常の食器用洗剤を襟元に塗ってみたのですが、わたしが不器用なのか汚れているところに上手に塗れないし、そのせいで余計な部分にも塗り過ぎてしまったりと、意外と難しかったんです。

歯ブラシとかで塗ってこするといいみたいなんですが、それすら面倒に感じてしまうわたし…

 

そんなとき、キュキュットCLEAR泡スプレーを思い出しました!

襟にシュシュシュっとやって洗濯してみよう!

 

こちらは夫が1日着用したワイシャツの襟元です。

黒ずみや黄ばみが見えますでしょうか…汚い画、失礼いたします…

ワイシャツの襟汚れ

1日着用したワイシャツの襟汚れ

 

この襟元にキュキュットCLEAR泡スプレーをシュシュシュっとスプレーします!

スプレーなのでとっても簡単です!

ワイシャツの襟元にスプレーする

キュキュット泡スプレーをシュシュシュ!

そして、いつものように洗濯機で洗濯します。

 

洗濯後はこんな感じです。

黒ずみはうっすら残ってしまっていますが、黄ばみはしっかり落ちています。

洗濯後のワイシャツの襟元

洗濯後のワイシャツの襟元

 

日頃のお洗濯のときは、こんな感じでシュシュシュっとしてから洗濯機に入れ、洗濯しています。

それでもだんだんと黒ずみなどが目立ってきてしまったら酸素系漂白剤を使用しています。

 

ワイシャツの襟汚れを漂白するときに

ワイシャツの襟の黒ずみや黄ばみが目立ってきてしまったら、酸素系漂白剤で汚れを落としています。

そのときにもキュキュットCLEAR泡スプレーを使っています。

 

粉末の酸素系漂白剤と食器用洗剤を混ぜて、ワイシャツの襟元に歯ブラシなどで塗りつけてこするとキレイに汚れが落ちる!とテレビで見たので、その方法を早速試してみました。

しかし、粉末の酸素系漂白剤と食器用洗剤を混ぜるのが面倒、歯ブラシでこするのも面倒…

この方法はわたしには向いていないとあきらめ、これを応用して、わたしにも簡単にできる方法を考えました。

 

その方法がこちらです。

まず、ワイシャツの襟元にキュキュットCLEAR泡スプレーをシュシュシュっとスプレーします。

洗面台のシンクに栓をして、粉末の酸素系漂白剤と先ほどのワイシャツを入れます。

そして、お湯を投入!シュワシュワシュワ…

こんな感じでつけておきます。

酸素系漂白剤でワイシャツの襟汚れを漂白

しばらく放置しますが、放置時間は20~30分、長くても1時間程度でいいと思います。

 

漂白を行うのは洗面台のシンクでなくても、ポリバケツ等の容器を使ってもOK

ただ、ステンレス以外の金属容器はNGです。

 

放置したら、その後はいつも通りに洗濯機で洗濯します。

 

漂白剤の使用量は、その商品のパッケージ裏に記載があると思いますので、その指示に従ってご使用いただくとよろしいかと思います。

酸素系漂白剤

用途・使用量・使用方法が書かれています

使えるもの・使えないもの、使用上の注意も書いてありますのでチェックしてください。

お湯の温度に関しても注意書きがあります。

わたしの使っているものは「50℃以上では使用しないで」と書いてあります。

 

でも、わたしは自己責任で50℃以上で使っちゃってますけどね…

それはこれを読んだからです。

 

ゴキブリ退治

これは、わたしは試してみたことがないのですが、効果があるみたいです!

 

キュキュットの洗剤の成分によって退治できるということではなく、泡状になった洗剤によって呼吸ができなくなって窒息死するということらしいです。

これは、たまたま見ていたNHKの番組(何ていう番組だったか忘れてしまった…)で、ゴキブリを長年研究している研究員の方(どこのメーカーの方だったのかも忘れてしまった…)がそのように説明していました。

 

わが家では、まだゴキブリが出たことはないのですが、もしその時がきたら試してみます!

 

まとめ

今回は、キュキュットCLEAR泡スプレーの使い方についてご紹介しました。

他にも色々と使い方がありそうですよね。

新しい使い道を発見したらまた記事にしたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください