世界入りにくい居酒屋~プロヴァンス編~ゴロゴロ牛煮込みパスタを作ってみた!

ゴロゴロ牛煮込みパスタ

NHK BSプレミアムで放送されている、「世界入りにくい居酒屋」

2017年にseason4が放送されて以降、続編は放送されていませんでしたが、先日(9月15日)放送された「日仏友好160年 とことんフランス! 魅惑の5時間スペシャル」のなかで、新作3本が放送されました!

「日仏友好160年」ということで、3本ともすべてフランスの街。

プロヴァンス、シャンパーニュ、バスクと、どの街も美味しいお酒と料理が出てくるに違いないと、期待して観たのですが、やっぱりどれも美味しそうなものばかり。

 

さて、この放送を一緒に観ていた夫は、「これ作れそう!」と、どうやら再現してみる気満々の様子。

次の日早速スーパーへ買い物に出かけ、材料を買ってきたので、今晩の夕飯に何か作るのかなと思ったら、「一晩寝かせないといけない」と、どうやら時間のかかる料理を再現することにしたようです…

 

ということで、今回は「世界入りにくい居酒屋~プロヴァンス篇~」で出てきた、「ゴロゴロ牛煮込みパスタ」を作ってみました!

なお、放送では詳しい調理方法等は紹介されていなかったため、夫は何やら調べてアレンジをしてみたようです。

ちなみに、daube de boeuf (ドーブ・ドゥ・ブフ)というのが正式な名前のようです。

 

それではレシピをどうぞ!

 

世界入りにくい居酒屋プロヴァンス編「ゴロゴロ牛煮込みパスタ」のレシピ

材料(3人分)

  • 牛肩かたまり … 500g
  • 玉ねぎ … 大1個
  • にんじん … 2本
  • にんにく … 2片
  • 塩 … 適量
  • こしょう … 適量
  • ブーケガルニ … 2袋
  • ローリエ … 2枚
  • クローブ(ホール) … 5片
  • 赤ワイン … 400㏄
  • トマト … 2個
  • タリアテッレ(またはフェットチーニ) … 300g
  • オリーブオイル … 大さじ1

作り方(調理時間:5時間以下)

  1. 牛肩かたまりをサイコロ状(3~5cm角程度)に切ります。
  2. 玉ねぎ、にんじんをざく切りにします。
  3. ボウルに牛肉、玉ねぎ、にんじんを入れ、赤ワインを注ぎます。
  4. 塩、こしょうをふりかけ、ローリエ、ブーケガルニ、クローブ、粗くすりおろしたにんにくを加え、冷蔵庫で一晩寝かせます。
  5. 一晩寝かせた4から玉ねぎを半分ほど取り出し、粗く刻みます。
  6. 鍋にオリーブオイルを注ぎ、火にかけ、粗く刻んだ玉ねぎを炒めます。
  7. 6に4から取り出した牛肉を加え、炒めます。
  8. 牛肉の表面に火が通ったら、4のボールをワインごとすべて鍋に注ぎ、強火でひと煮立ちさせます。
  9. ダイスカットしたトマトを8に加えます。
  10. 弱火にして、約4時間ほど煮込みます。
  11. タリアテッレを茹で、お皿に盛り、上からゴロゴロ牛煮込みをかけて完成です!
  12.     

ゴロゴロ牛煮込み調理工程

ゴロゴロ牛煮込み完成 4時間経過!これで煮込み完了!

 

POINT

番組では入れていなかったトマトをアレンジで加えてみました。トマトを加えた方がよりうまみが増すと思います!
プロヴァンスでは番組でやっていたように、パスタとともにいただくようですが、ご飯にかけて食べてみても美味しいと思います!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください