ルクルーゼは火加減に注意!正しい使い方とお手入れ方法

Le Creuset 使い方とお手入れ方法

わが家では、ルクルーゼの鍋を使い始めて5年以上が経過しました。

小さいサイズの白いルクルーゼの鍋底を見てみると、細かいヒビ割れのようなものが…

そして、鍋のフチにはサビが…

 

使っていれば嫌でも劣化してきてしまうものだとは思いますが、できれば一生モノになるように使いたいですよね。

 

ということで今回は、ルクルーゼの正しい使い方とお手入れ方法についてまとめたいと思います。

 

ルクルーゼの正しい使い方 ホーローの表面を大切にしよう

わたしは、ルクルーゼを使い始めた頃、特に注意事項を確認もせず適当に使っていました。

そのせいです。

わが家の白いルクルーゼの鍋底には細かいヒビ割れがたくさんできてしまっています。

そして、数か所ザクッとやってしまったような深いキズもあります。

 

いつまでもキレイで美味しい料理が作れる鍋でいてほしい!

そのためにはホーローの表面を大切にすることが重要です。

 

ホーローの表面に負担がかかる理由について調べてみました。

  • 火加減が強い
  • 焦げつき
  • 空焚き
  • 急激な温度変化
  • 金属の調理器具の使用
  • 硬い洗浄用具の使用
  • クレンザーや漂白剤の使用
  • 落下や衝撃

ホーローが傷んでくると、食材が鍋にくっつきやすく、焦げつきやすくなり、汚れも落ちにくくなるんだそうです。

上記に注意して、ホーローの表面を大切にしましょう!

 

ルクルーゼで調理するときは火加減に注意

わが家の白いルクルーゼの鍋底にできている細かいヒビ割れ。

これは一体何なんだろう?

ルクルーゼの細かいひび割れ

鍋底に細かいひび割れ

細かなヒビ割れはマイクロクラックと呼ばれ、鋳物とホーローの膨張率が異なるために起こるものです。これは、火加減が強い場合、焦げ付きを起こした場合、空焚き、急激な温度変化などによって生じる場合があります。引き続きご使用いただけますが、ホーローの剥がれの原因となりますので、火力や焦げ付きには十分ご注意ください。

出典元:「よくあるご質問 お手入れについて」ル・クルーゼ 公式サイト

 

強火はダメ!

火加減は中火程度で使うように気をつけましょう!

 

きっとわが家ではガンガン強火で使っていたんだと思います。

細かなヒビ割れができてしまってもすぐに使えなくなってしまうわけではありませんが、少しだけ悲しい気持ちになります。

ホーローにも負担がかかっているので、火加減など注意して使いましょう。

 

ルクルーゼで調理するときは金属の調理器具の使用に注意

わが家のルクルーゼの深いキズは、たぶん金属の調理器具を使って調理したときにできたのではないかと思っています。

メーカーでは、調理器具はシリコン製やウッド製などを使うことをすすめています。

 

また、金属の調理器具は、それが鍋に当たると黒っぽい銀色のような跡がついてしまいます。

鉛筆で書いたような感じです。

これは専用クリーナーで落とすことができるので心配いらないのですが、普通に洗っても落ちなかったので焦りました。

 

ルクルーゼを洗うときは落とさないように注意

ルクルーゼって重いので洗うのも大変ですよね。

わたしはよく洗っているときに、つい手が滑って落としてしまいます。

 

落下させて衝撃を与えることもホーローに負担がかかり、ヒビ割れやキズの原因になって、さらにはホーローが剥がれたり欠けたりすることにもなるようなので注意したいと思います。

 

わが家のルクルーゼの細かなヒビ割れやキズは落としたことも原因になっているかもしれません。

 

あまりないとは思いますが、鋳物部分までヒビが入ってしまった場合は、そのまま使用すると鍋が破損して危険なので使用しないように注意です!

 

ルクルーゼのお手入れ方法

普段のお手入れ方法

使用後は、速やかにスポンジと食器用洗剤で汚れを落とす!

使うスポンジは柔らかいものを。

研磨剤入りの固いスポンジの使用は注意。

そして、急激な温度変化に弱いので、調理後の熱い鍋にいきなり冷たい水を入れて洗うようなことは避けた方がいいと思います。

 

鍋とフタに水分が残ったままで放置すると、サビが生じてしまう場合があります。

洗った後は濡れたまま放置したり、水分が残っている状態で収納しないように注意しましょう。

特にフチ部分はサビが発生しやすいため、水気を残さないように乾いた布でしっかり拭いた方がいいようです。

 

お手入れでやってはいけないこと

  • 金たわしやメラミンスポンジの使用はNG
  • 漂白剤やクレンザーの使用はNG
  • 洗った後に空焚きをして水分を飛ばすことはNG

 

長期間使用しない場合は、湿気のない場所に保管。

 

ルクルーゼを購入したときにフタと本体の間にプラスチックのピン?クリップ?が付いているので、保管するときはこれをつけておくと通気性も確保できていいそうですよ。

重ねて収納しておくときも、鍋を傷つけずに済むようです。

長期間使用しないときは便利ですね。

わたしはそれが付いていたような気もするけど、あんまり覚えていないし、きっと捨ててしまったんだと思います。

 

鍋底の汚れが落ちなくなってしまった

ふつうにスポンジと食器用洗剤で洗っても汚れが落ちなくなってしまった場合は、ルクルーゼ専用クリーナー(POTS&PANS)または重曹をつけて洗うときれいになります。

 

ホーロー表面の状態によっては、専用クリーナーや重曹で洗浄しても取れない場合もあるようです。

わが家の白いルクルーゼの鍋底も、中心部分が茶色に汚れているのですが、なかなか汚れは落ちず、落ちそうもないので、ホーローの表面がかなり劣化してしまったのかなと思います。

 

鍋の外側の汚れもスポンジと食器用洗剤で洗浄しても落ちない場合は、専用クリーナーまたは重曹をつけて洗うときれいになります。

 

専用クリーナーか重曹があるとお手入れに便利ですね。

 

しかし、専用のクリーナーであっても使い過ぎはホーローの表面を傷つける可能性があるようなので、汚れが目立ってしまったときだけ使うように。

キレイな状態をキープしたいですが、やりすぎには注意しましょう。

 

まとめ

今回は、ルクルーゼの使い方とお手入れ方法をご紹介しました。

使い方とお手入れ方法に注意すれば、一生使い続けられると思います。

マイ・ルクルーゼ大事にしよう!

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください