ベストな方法は?タオルの生乾きの臭いを取る方法を検証

the towel is mildewy

タオルが生乾き臭い…

一度臭くなってしまうと、もう普通にお洗濯をしても全然臭いは取れないですよね。

タオルの生乾きの臭いを取る方法は色々ありますが、日々の生活の中で簡単にできるものはどの方法なのでしょうか?

できれば手間がかからず、簡単で手軽にできる方法がいいなと思います。

 

ということで、今回は、実際にタオルの臭いを取る方法を試してみて、それぞれの方法のメリット・デメリットをまとめたいと思います。

 

タオルの生乾きの臭いの原因

タオルの生乾きの臭いの原因は、「モラクセラ菌」であると解明されています。

これまでに花王では、「生乾き臭」と呼ばれる雑巾様臭のキー成分が4-メチル-3-ヘキセン酸(4-Methyl-3-hexenoic acid:4M3H)であり、その発生の原因菌がモラクセラ属細菌であることを解明してきました。

出典元:花王株式会社「汗をかいた後に衣類から発生するニオイ成分とその原因菌を解明」

2012年には花王の研究者の方たちの論文も発表されています。

  • モラクセラ菌は、日本の家屋、生活環境の中の至るところにいて、洗濯物から高い頻度で検出された
  • 洗濯後のタオルに、モラクセラ菌と皮脂や汗などの汚れが残っていると悪臭の発生につながる
  • モラクセラ菌は紫外線や乾燥に高い耐性を持っている
  • 乾燥していく過程で4M3Hを生成し、悪臭を放つ

 

NHKで放送されている「ガッテン!」でも、過去に部屋干し臭について紹介されていました。

これによると、モラクセラ菌は60℃以上のお湯で増殖しないということがわかります。

そして、酸素系の漂白剤も効果的なようです。

「洗ったのになぜかまたニオイが出る」。その理由は、ニオイの原因菌を完全に洗い流せていないことなのです。実は、細菌たちは数が増えると”バリア”状に積み重なり、洗剤を使って洗濯をしても、流れ落ちにくくなります。 その細菌たちは、部屋干しのように湿った状態で乾くまでの時間が長いと大増殖。 この増殖の時に、いやなニオイを生み出していたんです。

ニオイの原因である細菌「モラクセラ菌」は、60℃以上の温度で増殖しなくなることが、実験で明らかになりました。

洗濯物の温度を上げるのが、大変。という方におすすめの方法が、酸素系漂白剤をお湯で使用する方法です!40℃ほどのお湯で細菌をやっつけることができます。

出典元:NHK ガッテン!「梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消SP」

 

以上から、生乾き臭を解消&予防するためには、まず、モクラセラ菌を除去することが必須だと考えられます。

しかし、モラクセラ菌は紫外線や乾燥に耐性があるので、天日干しだけでは解決できない。

解決法としては、60℃以上の温度で処理する、または、漂白剤を使用する。

さらに、洗濯により皮脂などの汚れはしっかり落として、洗濯後は短時間で乾燥させることで悪臭が発生しないように予防していくことができると言えそうです。

 

これらを踏まえまして、タオルの生乾きの臭いをとる方法を試してみたいと思います。

 

タオルの生乾きの臭いを取る方法

方法は色々とあると思いますが、日々の生活に取り入れやすく、コストがかからず、お手軽簡単な方法をピックアップして試してみたいと思います。

熱湯を利用

方法その①煮沸する

  1. 鍋にお湯を沸かす。
  2. タオルを投入する。
  3. そのまま10~20分程度煮る。
  4. 洗濯して、干す。

 

方法その②熱湯につける

  1. 熱湯を用意する。
  2. タオルをつけて、30分程度放置する。
  3. 洗濯して、干す。

 

臭いは取れました。

熱湯があればいいのでお手軽で簡単な方法だと思います。

ただ、ハンドタオルやフェイスタオルを1~2枚であればいいかもしれませんが、一度に何枚も、またはバスタオルを、ということになってくるとかなり大きめの鍋や耐熱の容器が必要になります。

 

そして実際やってみると、煮沸はかなり面倒に感じました。

お湯を沸かすのにもそれなりの時間がかかり、煮ている間はふきこぼれそうになったりもしましたし、近くで様子を見ていないといけない。

バスタオルは水を吸うとかなり重くなりますし、熱湯を使うのでやけどに注意しなければいけません。

さらに煮沸は、色落ちが気になりました。

 

電子レンジを利用

方法その①

  1. タオルを水で濡らし、絞ってラップでくるむ。
  2. 電子レンジ500W~600Wで1~2分加熱する。
  3. 洗濯して、干す。

 

方法その②

  1. 洗濯後の濡れたタオルをラップでくるむ。
  2. 電子レンジ500W~600Wで1~2分加熱して、干す。

 

臭いは取れました。

この方法はとても手軽で簡単です。

チンするだけなので時間も全然かかりません。

 

しかし、バスタオルはサイズ的にわが家の電子レンジに入らない…

ハンドタオルやフェイスタオル程度のサイズで、数枚の処理であれば、かなり使える方法だと思います。

 

ただ、チンした後のタオルは熱いので、やけどに注意が必要です。

 

アイロンをかける

方法その①

  1. 洗濯後、塗れた状態のタオルにアイロンをかける。
  2. タオルがある程度乾くまで、高温でアイロンをかける。
  3. タオルが濡れているようなら干す。

 

方法その②

  1. 洗濯後、干して乾いたタオルにアイロンをかける。
  2. 高温にし、スチームを出しながらアイロンをかける。
  3. タオルが濡れているようなら干す。

 

臭いは取れましたが、アイロンのかけ方にムラがあると臭いが残る可能性があります。

わたしは、夫のYシャツをアイロンがけすることが多いので、そのとき一緒にやってしまえばそれほどの手間ではないのかなと感じました。

ただ、一度に大量に処理するのはやはり大変かなと…1~2枚をちょこちょこ処理するのには向いていると思います。

 

フェイスタオル1枚両面にアイロンをかけて、5分程度の時間がかかりました。

意外と時間がかかる気がする…

アイロンかけている間、蒸気と一緒に臭いにおいがたちこめます…

 

他の方法だとバスタオルはサイズが問題になることがありますが、この方法であればそういった問題はありません。

 

酸素系漂白剤を使う

  1. 40℃以上のお湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かす。
  2. タオルをつけて、30分~1時間程度放置する。
  3. 洗濯して、干す。

 

臭いは取れました。

わたしは、夫のYシャツの襟汚れを落とすとき、この方法で漂白しているので、そのときにタオルも一緒につけてしまえば全然手間ではないと感じました。

洗面台のシンクに栓をして、そこに入れて漂白すれば、一度にそれなりの量を処理できると思います。

わたしは、この酸素系漂白剤を使っています。

 

塩素系漂白剤を使う

  1. 水に塩素系漂白剤を溶かす。
  2. タオルを投入し、30分程度放置する。
  3. 洗濯して、干す。

 

塩素系漂白剤は確実に色落ちしますので、この方法は白いタオル以外は向いていません。

洗濯後のタオルが少し塩素臭いと感じるかもしれません。

 

わたしは、キッチンで使うタオルやふきんは消臭というよりも除菌目的で、いつもこの方法で漂白しています。

塩素なのでタオルが傷みやすいと思うのですが、わたしは今のところそれはほとんど感じていません。

 

それよりも問題なのが、この作業をしているときに、気がつかないうちに自分の着ている服に漂白剤がついてしまい、そこが脱色されてしまうことです。

大事な服を着ているときは、絶対に塩素系漂白剤を使ってはいけません!

 

タオルが臭くならないように予防しよう

タオルはこまめに取り替える

手を拭くのに使用しているタオルなど、何日も同じものを使わないようにしましょう。

使用後のタオルはすぐ洗濯する

使ったあとのタオルは、濡れていたり皮脂などの汚れも付着しているので悪臭が発生しやすくなります。

使用後はなるべく速やかに洗濯しましょう。

すぐ洗濯できないときは、濡れたまま他の洗濯物などと一緒に放置すると、ずっと濡れたままの状態が続いてしまいます。

なるべく乾燥するような状態で保管しておいた方がいいと思います。

洗う前の洗濯物を洗濯機の中に入れっぱなしにしない

洗う前の洗濯物を洗濯機の中で放置すると、洗濯物だけでなく洗濯槽にも雑菌やカビがはえたりする原因になってしまいます。

洗濯機に洗濯物をぎゅうぎゅうに詰め込んで洗わない

洗濯槽にぎゅうぎゅうに詰めて洗濯すると、十分に洗浄できない可能性があります。

少し余裕がある、7~8割り程度を目安に洗濯しましょう。

洗剤の量は適量を入れる

洗剤の量が多すぎると、洗濯物に洗剤が残って悪臭の原因になる可能性があります。

脱水後の洗濯物はすぐに洗濯機から取り出して干す

脱水後の洗濯物を放置すると、洗濯物と洗濯槽に悪臭やカビがはえる可能性があります。

洗濯が終わったら速やかに干しましょう。

洗濯物は間隔をあけて干して風通しを良くする

干した洗濯物は適度な間隔をあけて風通しをよくして、速く洗濯物が乾くようにしましょう。

扇風機の風を当てるのも効果的なようです。

定期的に洗濯槽のお手入れをする

洗濯槽が汚れていると、洗濯物にもその影響が出てしまいます。

定期的にお手入れしましょう。

また、洗濯後は洗濯機のフタは閉めず、開けたままにして乾燥させましょう。

 

まとめ

タオルの生乾きの臭いを取る方法をご紹介しましたが、わたしが日々取り入れるとしたら…「熱湯をかける、酸素系漂白剤、電子レンジ」がいいかなと思いました。

煮沸はもうやりたくないな…

 

しかしながら、やはり臭くならないように予防することも大切だと思いました。

でも、気をつけていても臭くなってしまうんですけどね…

 

最後に、タオルの素材によっては適さない場合もあると思いますので、そのあたりはご注意いただければと思います。

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください